お役立ち情報

「知床五湖」2つの歩き方

1湖
湖畔展望台
高架木道
 知床八景の1つである知床五湖。知床連山や原生林が水面に映る風景は息をのむほどの美しさです。9月下旬頃から色づき始め、10月上旬~10月中旬にはモミジやイチョウが清寂な自然を赤や黄色で色鮮やかに賑わせてくれます。
 ここで、知床五湖を楽しむ歩き方を2つご紹介。1つ目は、1周1.6kmまたは3.0kmの「地上遊歩道」コース。紅葉を楽しみながら野生のエゾシカ、エゾリス、ヒグマの生活を間近で観察することができ、世界自然遺産の知床を満喫できることでしょう。8/1~10/20は植生保護期のため、当日レクチャーを受けてから約40分~1時間半にわたって知床の原生林を散策します。2つ目は、自由に無料で一湖を散策できる「高架木道」コース。木道はグランドレベルより高いため、知床の自然や知床連山の大パノラマを一望できます。また、ヒグマ除けの電気柵が設置されているため、安全なコースです。
 知床散策を楽しんだあとは、パークサービスセンターで一休み。ここのお店で人気№1は、はまなすこけももソフトクリーム。見た目は可愛らしい薄っすらピンクに、味は北海道のまろやかなミルクと苺のような甘酸っぱさがミックスされ、花びらのような香りが口に広がります。知床でしか味わえない絶品スイーツです。他にもサーモンフランクフルトなど珍しい食べ物もお楽しみいただけます。
 ※「地上遊歩道」は時期やヒグマの目撃状況によって開催されない場合もございますので、下記知床五湖公式サイトをチェック!
 
★WEB
★営業時間
 7:30~18:00(閉館は時期により異なる)
★駐車場
 普通車:500円
★「地上遊歩道」植生保護期
 料金:大人250円/小人100円

2017.8.9